2019関東ロード最終戦(NATSの子見てたらLINEして!!)

2019関東ロード最終戦(NATSの子見てたらLINEして!!)

はじめに。

本文前に、、、、

 

関東ロードミニ2019最終戦のブリーフィング前、、、

なんか見覚えのあるブルゾン。

 

背中には、NATSの文字。

 

こ、これは!!笑

4年間通った、
専門学校のNATS日本自動車大学校
車の自動車専門学校に通っていた子だそう。

お、お、俺も!!!笑

 

そっこー声かけたよね。笑

 

みてたら連絡してほしいな!!
本当はもっと話したかったのに!!

 

たかとはるの同年代なのに、
シャイボーイ決め込んでるから、、、、、

そういうとこよ!笑
ガンガンいけよ!!

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

本文

ついに、2019年の全レースが終了。

17戦でしたかね。

 

今シーズンお世話になり本当にありがとうございます。

個人様からの応援も沢山頂き
本当に感謝しています。

 

去年は24戦でしたので、大分少ない気はします。

 

 

完走率は非常に低く、
終盤のレースは、とにかく完走を目差した。

 

 

 

こっそりエンジンもいろいろテストしつつ、
最終的に落ち着いたのはやっぱり、いつもの本番機。

 

前日も、少し物足りないエンジンで42.8。

伸び代はある。

 

しかし、

 

予選1コーナーで、フロントグッバイで砂利へダイブ。

 

まじかよーーーー

 

 

カウルもまぁまぁ大破。

 

フォークもハンドルも曲がってなかったポイけど、
大丈夫だろうは、絶対やだ。

 

用意していた新品インナーをぶち込んでいたフォーク。
粘度違いのセットをしていた為、元に戻し、
ステム確認し
カウルはボロボロですが、復活!!!

 

少し、セットも変えましたがね。

 

もう、完璧!!

 

 

と、、、、ウェイティングエリアにて、ヒールガードのネジが
緩んでいる事に気づく、、、、、

 

くそーーーー

 

近くにいた、8843に助けを求め、遅れてコースイン。笑

 

助かった!!

 

本当にありがとうございます。

 

 

決勝は、様々な出来事がありましたが
自分のいる位置で
できることを精一杯やろうとした。

これが、俺の実力。

 

ゴールした上で、無力を味わえ

 

そうアドバイスくださった先輩も、
無力を味わったそうだ

 

俺も、まさに無力。

 

 

 

ひとつひとつ前に進んでまた、来年を迎えたい。

 

 

 

僕の事はさておき。

 

後輩ライバルのチーム名は

 

「打倒!かわいちゃんR」

 

 

練習から、タイムはトライアウトでも中盤以下のタイム。

 

いろんな人が心配の言葉をかけてくれたことでしょうね。

裏を返せば、遅いんだから、
遅いなりのクラスに出た方がいいのでは?

そういうアドバイスなんですよ。

 

いや、ありがたいんですよ!!本当に!!

 

僕は、人の出るクラスを決める権限はないので、
まぁ、タイム的にはトライアウトだね!!

とだけ、伝えておいた。

 

さぁーどーする。

 

 

彼らに唯一SP-Fにでなよ!!

と言ってくださった、青ハゲさん。

純粋なSPクラスのレースである、
SP-Fクラスを進めたのは、青ハゲさんのみ。

 

決めるのは彼ら自身どーするんだろうか。

 

 

 

 

 

自ら、

 

荒波に挑戦してみようと思います!!

 

と、

SP-Fクラスにエントリーしたようだ。
チャレンジしようとしたその気持ちに拍手。

 

そもそも、桶川へは、観戦しにきな!!と
言っていましたが、初レースの茂原レース後に、
聞いてみたら、二つ返事で

 

桶川出ます!!!

 

と。

もうね、俺の中では、
そんな、若手久々に見るんでね。

その時点で100点。

 

 

ライダーとして桶川へくるのか

 

観戦しに桶川へくるのか、

 

では大きな違いがある。

 

そして、現状では厳しいクラスでのレースにチャレンジ。

 

 

仮に、トライアウトでレースをしたとして

様々な車両がいるクラス、

 

バトルもクソもない。

仮に優勝でもしてしまった日には、
オフシーズンの練習への意気込みはどうなるのだろうか。

 

 

今回、彼らはSP-Fにエントリーし、現実をみた

 

俺と同じく、無力を味わった。

 

練習も、とにかく必死になっていたことだろう。

 

そして、散々な結果

 

 

 

 

 

もっともっと練習します。

とね。

 

このオフシーズン彼らの練習には、
より一層、力がはいるのではないでしょうか?

 

桶川に来て、いろんなエキスパートライダー様と交流でき

 

自分らの内気な性格もどうにかしたいと

 

 

がんばれ。

ミニバイクレースで、
人間性も向上できるから!!

 

そんなすばらしいスポーツなんだ!!

 

 

 

 

SP-Fで大丈夫??

 

心配してくれてのありがたいお言葉。
そこは、本当に感謝しています。

 

 

 

でも、それを自分達を奮い立たせる為の
材料にしよう。

 

 

 

 

 

言いかえて、

おせーんだからトライアウトにしろよ。

 

刻め心に。

 

 

 

~~~~~~~~~~~

 

 

その前に、バリバリ伝説全巻10回くらいは見返して欲しい。

 

それだけで、1秒はやくなるよ。笑

 

 

記憶だと、グンが全日本を終え

 

テストでGPマシンを時

 

ここで、乗りこなせなきゃ
今後に未来はない!!

 

と驚異的なタイムを出したと記憶しています。

 

 

初めてのコースだから、慣れるだけでいい

いやちがう。

 

初めてのコースこそ、自分の腕試し!!

 

どれくらいの対応力があるのか

 

一本目から全力で走る。

 

初めてのコースだからこんなもん?

そんなふうな気持ちなら今後はない!!

 

 

そういうところを、バリバリ伝説で勉強して。笑