走行中の【こわい】という感覚

NO IMAGE

サスペンションのセット変更というのは

 

極論、【こわい】という感覚を改善するところから始まります。

 

 

例えば、

 

・ここでもっとブレーキ握りこみたいけど、これ以上はにぎれない気がする。

・このタイミングでブレーキはなしたいけど、こわくてはなせない。

・ここでアクセルあけたいけど、あけられない。

・アクセルあけたは良いけど、芝生に飛び出しそうだ。

・アクセルあけたらフロントが消えそうになる。

・アクセルあけたらリアが滑りそう。

 

 

などなど、このような、こわいという感覚を、どれだけ敏感に感じとって

 

どのような対策を選択するかってことなんです。

 

 

極論ですがね。

 

 

大体、そこまでの感覚になっている場合は、セット大外れしてると思います。

その状態で練習し続けているあなたのライダースキルは誰よりも高くなっています。

セットのあってないバイクで、連続走行するのは大変です。

なぜなら、セットがあってい分、人間がカバーしなくてはならないことが多いからです。

 

 

 

 

まだフレッシュマンだから、

とか

技術がないから

とか

その気持ちは、わかりますが、

 

ライディングスキル、セットスキル両方共に上げてこそ

ライダーのスキルです。

 

しかし、、、

シフトチェンジのポイントや走行ラインが定まらないとか、

フルスロットル、フルブレーキ、ができな、メリハリのある走りができない

そういう人は、セットうんぬん、まだ走り込みしたほうがいいかもしれませんね。

 

 

話を戻しましょう。

 

冒頭での例えば話

現状のこわいと思っている感覚ですが

 

大体、あのような例を教えてもらえれば、現状のセットから、こうしてみてはどうですか?

 

というアドバイスができます。

更には、その場合にはこいうネガがでる危険性もあるから、

このようにセットしたほうがいいかもしれない

 

などなど、いくつかの選択肢もお伝え出来ます。

 

 

先日あった話では、

 

 

質問者;フロントがこわい!

KCR;どこで?

質問者;最終コーナーでフロントが消えそうになる!

KCR;それは、進入?立ち?

質問者;アクセルあけた後、なんかフロントがいなくなる気がする

 

 

 

みたいな会話でした。

 

 

フロントがいなくなる感覚。

この状況では、立ち上がりで、フロントが外にはらんでいくようなイメージであると思います。

それがひどくあらわれている状態。

 

アクセルをあけるタイミングで、フロント上がり、リア下がり状態になっているのを改善したい。

 

 

そこを改善するためには、

 

・リアイニシャルをかける

・リアバネレートを上げる

 

・フロントつき戻す

・フロントバネをやわらかくする

・フロント油面を下げる

・フロント圧減衰穴大きくする

・フロント伸び減衰穴を小さくする

・リア圧減衰かける

・リア伸び減衰抜く

 

・シート荷重を抜く

・コーナー手前で曲げ切るような走り方にする

 

が、あげられる。

 

この中で、その症状に対して効果的なのが、

・リアイニシャルをかける

・リアバネレートを上げる

 

 

人間が頑張るなら、

・シート荷重を抜く

・コーナー手前で曲げ切るような走り方にする

これをやることで改善方向に向きます。

 

 

ただ、このライダーには、あらかじめ

 

車高のテストをするように言っていた為

 

 

まずは、車高を下げるように指示。

(他の箇所のネガも聞いているため、そこの対策で車高を下げてもらった)

 

 

そうすると、最終コーナーでは

 

もっと曲がらなくなる方向に行きます。

 

 

なので、最終コーナーは頑張らないで走ってもらいます。

 

 

当然そこのコーナーが悪くなれば、タイムは上がりません。

 

外周が遅くなりますからね。

 

 

で、次に、イニシャルをかけてもらいました。

 

そうすると、フロントが消えそうな感覚は、無くなったと。

 

それはそうです。

 

旋回中の高さが高くなったのだから

 

フロントがリアに押し込まれて、すっぽ抜ける感覚は無くなったでしょう

 

そうすると、もっとアクセルがあけられるようになる。

 

しかし、根本的にそのライダーの体重などを考えると

 

バネレートが低いので、そのままイニシャルをかけていくと、

 

初期では動きにくいサスになる。

 

しかし、気づいたら入りすぎているみたいな

 

初期の沈み込み始めの感覚が薄く、こわいから、

感覚的に車高を下げたくなる。

 

一定までは、ギュウウウと耐えてくれますが超えると、スコーンとはいる。

 

ぎゅううすこーん、ぎゅうううすこーん

みたいな。

 

~~~~~~~

僕のサスのイメージは、スイーッスッ。スイーッスって感じ。

 

ストローク初期の動きだしは緩やかに、真ん中あたりでもすーッと動く。

フルストローク付近で、そっと優しくとまるようなそんなイメージです

~~~~~~~~~~

話もどします。

 

それで下げて安心感は出たからいいかと思いきや

 

根本的にバネレートが低いから、遠心力最大でリアサスが入る瞬間には、

ケツ下がりになり、実は曲がらないバイクになっている。

 

曲がらないは、リアサスの感覚が受け取りにくいは、

こける時は、なんでこけたかわからない

 

みたいなサスの出来上がり。

 

 

まだまだ、そのライダーは納得のいく仕上がりではないのは文面から見ててよくわかる。

タイムでない理由は明確だから、悩む必要はない。

 

 

わざとダメな方向に振ってみるのも、人間の成長になるから、是非ともやってもらいたい。

 

 

ダメな方向に振ったときにどうやってなるべくタイムを出せるように走るか

 

みたいなアドバイスもできるし、お互いに勉強になるんですよね。

 

 

今回は今マメに連絡をとっているライダーさんの話を例に挙げましたが

 

 

そのように悩んでいるライダは多いんだな~と思っています。

 

 

コミニュケーションというか

相手が何をどう伝えたいのかを汲み取る作業が

サスセットにおいてはとても大変

 

 

何気なく質問しても、難しすぎて、頭が追い付かずに諦めてしまう方も多くいます。

 

質問する側も、何をどのように伝えればいいかわからないし、

話してもバカにされるし、

自信もないしで、どんどん話せなくなる。

 

 

大丈夫。

率直な感想で、ジェスチャーで

それを言葉に変換したり、ジェスチャーしたりで、情報を共有していきましょう。

 

理由もなく、これはダメあれもダメ

 

と、その固定観念さっさと捨てようぜ。

それで速いならいいけど、遅いじゃん。

 

さまざまな可能性を、可能性としてとらえたほうが人生プラスだと思うけどね!!