青春とは2

青春とは2

9月にある、ミニバイクレース全国大会。

 

自分なんかが、出ても良い成績は残せない、、、

だから出ない。

 

 

いや、そうじゃない。

 

そこに向かって
少しでも高い目標を掲げ、
そこに、挑戦する。

 

そこに、意味があるし
それこそ、青春。

 

もし、それが意味の無いことならば、、、

 

 

 

 

夏の甲子園
全国高校サッカー選手権大会

などなど、、、

 

 

全国大会優勝できるチームは1校。

 

そして、決勝トーナメントに進める、
可能性の低いたくさんの高校、、、、

 

 

 

可能性が少ないからといって、
出場する意味はないのか??

 

そんなことはない。

 

 

あの時、仲間と汗や涙を共に流した瞬間は、
今でも、心を震わせる事があるだろう。

 

そもそも、それこそが青春なのだから。

 

 

 

得るものがあるから

だから、3年間も毎日毎日
キツイトレーニングをしてきたんだろう?

 

 

その忍耐力が、社会人になって
いかされていなはずがないだろう。

 

 

 

 

では、ミニバイクレースの全国大会だって
同じなのではないだろうか。

 

 

 

挑戦することに、意味がある。

 

理屈じゃない。

そこに、青春があるかもしれないじゃないか。

全国大会にでる。
理由なんていらない。

 

強いて言うなら、
青春の1ページがそこにある。

これでいいだろう。

 

 

 

自分で飛び込みに行こう。

 

青春の渦にね。

 

 

 

 

青春て、自分で作りに行くものなんだって。

 

これは、バイクレース以外もそうだと思う。

 

他人に、わかってもらえなくていい。

 

自分の青春がそこにあるんだから、
やりたいこととにかく、一生懸命やる。