フロントブレーキに対する考え方

フロントブレーキに対する考え方

フロントブレーキ、、、

きく方がいい?それとも、きかないほうがいい?

 

かわいちゃんR的バイクの方向性第2弾!

懐かしい写真をいただきました。笑

 

 

レース前日OさんNSRに乗ってみて

こちらでも、書いてある、、、、

 

この一定になっているところが、フロントを延ばさないために、ブレーキを「スッー」とかけてのばさないようにしているのです。

こちらの一文。

(ドロガーの写真と一緒に説明している内容を引き抜きました。)

 

ここに関係してきます。

 

 

僕は、一言でいえば、フロントブレーキはきかない方がいいと思います。

 

 

 

正確には、初期はきかない。

握ったらその分きく

 

そんなイメージのブレーキがいい。

 

 

それはなぜなのか、、、、、

 

個人的に思う理由を書いていきます。(異論認める

 

 

そもそも、フロントブレーキの使い方を

 

車速を落とすというイメージではなく、

フロントフォークの沈み込み量を調整するというイメージを持ってほしいです。

(車体姿勢をフロントブレーキで調整する的な。笑)

 

 

 

簡単に言えば、

 

握りこみ初期から、きくブレーキだと

ちょんてかけただけで、ズドンとはいってしまう。

 

 

それで、フロントフォークの沈み込み量を調整できるだろうか?

 

 

 

フロントフォークのセットに付随してくる話でもあるのですが、、、、

 

 

アクセルオフ又は、フロントブレーキでフロントをしずめるきっかけをつくる

 

そして、

最大で沈んだところから、戻ってくる動き

車体をバンクさせたことによる、フロントフォークを縮ませる方向の動きのつり合いでフロントの高さが決まる。

 

(バイクはバンクさせると、サスは沈みます。(縮みます。))

 

 

しかし、それだけでは、車体姿勢的にフロントが高すぎる場合に(感覚的な話ですが、、、、)

 

きっかけとして使用したフロントブレーキを、すこーし引きずりながらフロントフォークを戻ってこないように制御するわけです。

 

 

茂原で言えば1コーナーがわかりやすいですかね?

 

最大で沈んだところから、戻ってくる動き

車体をバンクさせたことによる、フロントフォークを縮ませる方向のつり合いでフロントの高さが決まる。

 

に、フロントブレーキを足してあげるんです。

 

そうすることによって、

 

車体姿勢を、前下がりに意図的に制御することができますよね。

 

どうですか?茂原1コーナー怖くてフロントブレーキ引きずっていませんか?

 

それは、おそらく車速を落とすためだけではなく、フロントフォークを縮ませて曲げようとしている動作なのです。

(本当に車速が乗っていてこわいのでしょうか?バイクが曲がらない気がしてこわいからブレーキをはなせないのでは?)

 

 

少しだけフロントを制御したいのに、初期からきいてしまうブレーキだと、、、、

 

スコンって入るし、車速は落ちるし、、、

 

ギクシャクするわで大変。

 

逆に、ききすぎるフロントブレーキのせいで、スコンとはいらないようにフロントフォークのセットをかたくしたりしていませんか?(多分この方向が多いんじゃないでしょうか?で、他のコーナーで影響がでている。)

 

 

いつまでも、ブレーキをはなせないのは、フォークの戻りがきいてないからかも??(これはフォークセットの話)

 

オイルがかたすぎて減衰がききすぎていると、バイクの動作に重たさを感じるかもしれません。

(切り返しをすばやくすると、フロント上がったりしませんか?)

 

 

ききすぎるブレーキのせいで、かたくしたフォーク。

かたいフォークを縮ませるために、ブレーキを長く握っていないといけないですから、その分きくブレーキだと車速はすごくおちますよね。

 

泥沼に片足つっこんでしまっていますね、、、、

 

 

 

 

 

いかがでしょうか?

 

 

フロントブレーキでフロントフォーク沈み込み量を調整すると考えると、、、、

 

初期からきくブレーキだと扱いづらそうではありませんか?

 

 

逆に、きかないブレーキに変えたら

 

一緒に、フロントフォークや走らせ方も変えないと

 

 

初期からきかないと、俺にはあわないなんて思ってしまうかもしれませんね。

(そのブレーキに合わせて、知らぬ間にそのフォークセットにしているから、それはあいませんよね!?!?)

 

 

人間が上手くないから、そうのように操作している

 

その可能性もあるが、それよりも、、、

 

 

バイクのセットが、そう動作させないと上手く走れないから、自然とライダーが気付かないうちにそのように操作している。という可能性も十分にありえるということ

(むしろこっちのほうが多いと思う。)

 

 

 

自分のバイクの乗り方、感覚は自分でしかわかりません。

 

 

そのために、今のセットから大きく変えたセットで走ることでバイクの動きを勉強することができます。

 

セットを変えずに人間がどう制御するかも、とても大事なことですが、

 

バイクのセットが、そう制御をせざるを得ないようなセットになっているとしたら

 

自分に合う基本的なセットを見つけてそれで走った方が効率的であると自分は思います。

(まぁ、これが大変なのだけど、、、)

 

 

 

僕は、これを変えたらこう変わる

そういう勉強をしつつセットを変えていくことをお勧めします。

 

 

ベースセット?それは自分で見つけるしかありません。

人のベースセットは人のもの

 

でも、乗らせていただければそのバイクの方向性は何となくわかるので、何となくヒントはお伝えできるかもしれません。

KCR;こういうときにこうなりません?

あーそうなるの!!それがいや!!

KCR;なるほど、それならこここういう風に変えればいいかもですね!!

こんな感じで、、、

 

 

 

本来なら、セッティング技術を持ったプロのチューナーを雇ってセットしてもらいたが、そんなことは金銭的にできません。

 

 

 

自分で考えるか、サス屋さんと話をしながら自分のバイクを上手くセットしていきたいですね♪

 

それもなかなか難しい話ですよね。

自分の走りを言葉にするのってむずかしいですから。

 

だとしたら、乗ってもらえて、ある程度お話できる相手と共感しあったほうが、一人で悩むより数倍楽ではないでしょうか?

 

(僕で良ければ、茂原にきてください♪)

 

~~~~~~~~~~

~僕がセットを勉強するためにしてきたこと~

 

 

僕は、わからないうちは、

 

セットを変更したとします

 

そしたらもう一度必ず戻します。

 

 

最近でもたまにあるんです。

 

去年の話ですが、

 

桶川新コース

 

2コーナー進入の、ななめブレーキ区間。

 

たしか、その時は季節の変わり目ということもあり

 

15番20番で走っていました。

 

それを、いきなり25番25番にしてみて

 

なんだ、25番でも普通に走れんな。

 

と思いました。

 

だとしたら、M字などの切り返しでオイルをかたくしたことで切り返しが遅くなるなら、やわらかいほうがいいのかな~と

 

元に戻したんです。

 

 

そしたら、その斜めブレーキ区間で、死ぬほど底付きしたんです。。。

いままで一切、底付きなんかしなかったのに、、、、

(フォーク丸ごと入れ替えたんで、エア抜き不十分とかそういうことは絶対ないです)

 

 

まじでビビりました。

 

とりあえず、両方20番にして油面をあげていいとこにおさまったんですね。

 

 

この、セットをまた元に戻す

 

この工程が、僕のサスについて理解を深める大事な工程となったわけです。

 

そして、人間が今までのセットでなんとなく走れるように勝手に合わせこんでしまっているということもわかったんです。

 

めんどくさいかもしれませんが、必ず元に戻してみてください

 

かたくしたときのいいところと、やわらかいときの良いところ両方を理解するためにも、、、、、

 

 

さて、この元のセットに戻す

 

これは、ファイナルなどにも言えることです。

 

是非テストしまくってみてください。