街コンならぬ、工業団地コン

街コンならぬ、工業団地コン

今、自分が勤めている会社は、
独身率がなかなかに多い。

 

若手でも、彼女なし。

 

 

 

 

 

そして、いう。

 

彼女欲しいと。

出会いがないと。

 

努力せずで女の子と出会える
と思っているのだろうか。

 

 

いや、出会いがないなんて嘘。

 

出会いと認識していないだけでしょう?

 

毎日、

家→コンビニ→会社→コンビニ→ガソリンスタンド→家

 

ここで、出会えるとすると、
コンビニかガソリンスタンドですよね。

 

 

前にも書きましたが、

毎日同じルーティーンの中で、
一歩踏み出す事の息苦しさに負けて、
なにかと言い訳をして、
なんだかんだ、
同じ毎日をすごして、何十年。

まさに、これなのではないでしょうか。
出会いが無いなんて、言い訳。

 

むしろ、作れよ。

 

自分で。

 

女の子から寄ってきてくれるイケメンなんて
そういないでしょう。

 

自称、俺はモテると言う人もいますが、、、

 

 

おぉぉぉおおって、
引きながら聞いてるのに
全然気付かない。

 

何を勘違いしているのだろうか。

 

 

 

そんな、見栄はっても痛すぎて痛い。

 

 

前置きが、長くなったが、

15分の休憩で作った企画書

「街コンならぬ工業団地コン」

これが、工業団地内の会長の興味を引けたようだ。

 

一歩前進。

 

これを、やる意図として

 

・離職率低下
・コミニュケーション能力向上
・仕事への意欲増加
・活気向上
・社内での共通の話題づくり

 

 

いろんな意図があります。

 

 

 

メンズたちは、
変なプライドを捨てて、

参加する勇気をもってくれるだろうか。

 

なんか、結構いるじゃないですか。
興味は、あるけど
参加表明するのが恥ずかしいみたいな。

そういうの、いらないんだよなぁ~

 

他の会社様の女性社員の方に
興味を持っていただけるだろうか。

 

これも、俺のスキル次第?なのか?

各企業様で、
影響力のある方とお話を進めていく予定だが、
その方の、
トークスキルにも非常に左右される
ことと思う。

時間は無いが、
自分が各企業様にお伺いしてもいいのかな。

 

数人でやるような、
合コン的な規模ではなく、
50人とか?
もっとかな。

 

 

このような会を、
どんな感じになるかと、想像すると
目に見える光景。

 

社内の人同士でかたまり結局何もせずに
会を終える。

いやぁ~これは非常に気持ち悪い、、、、
キモイですよ!!笑

 

そして、タイプがいなかったと、
何もしない人。
いやいや、友達になって輪を広げようぜ!!

 

 

正直、多少は自分で
殻をぶっ壊して欲しいんですよ。

毎日の、同じルーティンを自分で
ぶっ壊して欲しいんですよ。

 

多少のレールは作るつもりですが、
一番辛いのは、0から1になる。
その第一歩を踏む事。

 

自転車を、想像して頂きたい。
0kmからスタートする瞬間が、
一番しんどい。

 

 

走り始めてあげれば、
すこし、足に力をのせて
ペダルをこいであげるだけ。

 

その一歩を、自分で踏み込めない事には、
大きく変われないと思うのです。

 

だから、
その一歩を自分で踏み込んでもらえるような
レクリエーションを考えるつもりです。

 

 

 

 

 

うちの社内の方には、
講義をしたいところだ。

 

自分の武勇伝を披露するような場所ではないと。
お話を聞いてあげるスタイルで望んで欲しいと

 

上手くできなくて当然でしょう。
生まれてからこれまで、彼女いない、、、
成功したことがないのだから、、、
何が成功なのかわからない、、、

あたりまえでしょう?
負けずにトライしていこう。

 

だから、せめて、変なプライドは捨てて
学ぶ姿勢で行って欲しい。

 

 

 

とにかく、男性比率が多い中で、
(意外と女性もいるそうだが)

話下手が、光り輝き
頑張って話そうとして、
武勇伝を語りだす。

これだけは、避けたい。

 

 

 

年上の方の多くは、
聞き手(後輩)の表情なんてくみ取らず
始まるんですよ。
武勇伝話の語りが、、、

しかも、だいたい聞いたことのある話。

見てるぞぉ~
後輩は~

コイツ、始まった~
って言われてるぞぉ~

なんなら、普段聞いてくれる人がいない
寂しい人なんだなぁ~

なんて、おもわれてるぞぉ~~。

リスペクトしている、
先輩の武勇伝は、
本当に勉強になるし、
まず、話がおもしろい。

 

そういうのは、
武勇伝ではなく、
経験談というべきだろうか。

 

身近で言えば、

・俺達みんな大好き古市大先輩
・青ハゲさん

 

非常に、おもしろい。

 

 

同年代、又は年下でも、話しはじめたら、
グダグダと永遠に話している人。

みんな、引いているその空気感に
気付けない。

非常に、かわいそうにも思う。

 

 

頑張って、
話をしようとしなくいいと思うんです。
話題なんて、用意しなくていいと思うんです。

 

なんか話しなきゃ!!
なんてあせらなくていい。

女性と話ができる
スキルを身に付ければ、

きっとコミュニケーションも
上手く取れるようになるのではないだろうか。

 

営業トークなんて、お手の物でしょう。

 

 

 

 

 

正直、自分も苦手なんですよ。
さも、自分はできるかのように
語っていますが。笑

 

女の子となんて、
緊張してお話できませんもん。

 

こわこですもん。

 

 

ミニバイクと関係ない、、、
ともいいきれない。
上手く変換できるかどうかは、
自分次第のスキルにかかっている。。。
はず、、、、、

 

自分自身も、毎日のルーティンを
ぶっ壊す。