コケずに走るってことの危険性

コケずに走るってことの危険性

正直、今の自分が言える立場にはいないのだが,,,,,,,

 

自分にはっぱをかけ、

死んでもタイムを出すと鼓舞し、

はるに、超絶マシンガントーク。笑

~~~~~~

本題に入る前に、、、

イチローさんが高校野球チームに三日間訪れた時のYouTubeを見たその内容を伝えたい。

 

 

その高校の練習量は多く、イチローさんは、

「練習量が多いから、最後まで体力が持つように一回一回をセーブしてしまう。」

「それが、人間の本能でもある、、、」みたいに言っていた。

 

 

その後、キャッチボールで、本気で投げる練習をしていた。

細かい話は、リンクを貼るので3分~見てもらえればと思います。

 

僕が見た、YouTubeのリンクは、下記に貼ります。

 

 

自分のバイクへのスタイル、やり方はどうなのかと、

比較して考えよう!

~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

 

とてつもない、テンションダウン

 

とにかく、やる気がでない。

寝るのもつらい

何もやれない自分にも腹が立つ

 

 

原因は、わからないよねこういうのって。

(いろいろあるんだけどね。)

 

 

 

 

 

で、8/29日は、ハルに茂原誘われてね。

 

前日キッチリ整備して、、、行ったろーじゃん!!!

 

 

 

 

 

 

って思ったんだけど、、、

 

 

 

 

 

 

 

前日は、なんもできず。

結局、なんとかガソリンだけを買いに行くことに成功した。

 

 

そのまま、整備しようと思った、、、、

思っただけ、、、、、

 

 

 

 

 

 

そのまま、

 

ソファーに寝そべり、もう無理だ、、、

 

 

 

 

ベッドイン。笑

 

本当にクズだ。

 

 

 

 

 

 

朝起きて、取り合ず積み込む。

 

バイクは、雨の関東ロードのまま、おろしていない。

 

とんでもねぇ、クズ野郎だ。

 

 

 

 

 

人として、扱ってはいけないレベル

 

 

 

 

 

あ~カビになりたい。いや、、ほこりでもいい。

 

 

ミニバイクライダーです、、、なんて口が裂けても言えません。ごめんなさい、、、

 

何が、ミニバイクライダーかわいちゃんRです

 

だよ。

 

 

 

 

 

 

遅刻気味に、出発し

 

サーキットが近づくにつれ

 

 

 

 

腹痛、

全身のこわばり

呼吸が荒くなるのがわかった。

 

 

 

とりあえず、はるに、、、

 

 

パチンコ屋で全額すったら、サーキットいけないから、、、、、

パチンコ屋ピットインしていいか相談。

 

 

 

 

そんな時間に、パチンコ屋があいているわけがない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのまま128号線を南下し、目指すは、茂原ツインサーキット

 

ただただ平坦な道を真っすぐ進めば到着するのに、

 

立ちはだかる壁は高く分厚い。

 

 

 

 

 

だって、僕はカビだから、、、、いいえ、ほこりですから、、、

 

 

 

そんな僕に、ハル君は、

 

「河合さん!今日はレジャーっすよ!!レジャーシート広げてサンドイッチ食いましょう!!」

 

なんて、優しいんだ。

 

ありがとう。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

頑張って到着したことを、まずは、ほめて欲しい。笑笑

 

 

だって、僕はカビだから、、、、いいえ、ほこりですから、、、

 

 

 

 

 

 

はる「関東ロード終えてから、、

ってことは、レインついたまんま?!?」

「んなんわけ、、、さすがにね、、、、」

 

 

 

 

KCR「は、はい、、そうです、、、」

 

KCR「お、怒らないでよぉぉぉ!!だって、レジャーでしょ!?今日!?、、、うぇーーーん。」

 

 

 

 

はるに、苦笑いされ、悲しくなった。

 

 

ごめんなさい、本当に。

 

 

 

 

 

レインセットから、茂原セットにダラダラと戻し

 

 

 

 

さぁ、コースインだ。

 

 

 

コースインできた俺をほめてくれぇぇ!!!笑

 

 

 

 

 

 

10時台の3本目からコースイン、36.0。笑

 

 

 

れ、レジャーだもん。これじゃハルにちぎられるわ、、、

 

 

スッとボケで、茂原のファイナル忘れてて、ロングで走ってたんだもん。笑

 

 

 

 

 

 

 

ハル君はタイムどーお??

 

 

はる36.5、、、、、、」

 

 

KCR「れ、レジャーだもんね!!き、、気にすんなよ、、、な!!!」

 

(巻き込まれ転倒したハル。ドンマイ。笑)

 

 

 

2本目、、、35.6

 

 

ま、まぁ、関西の風潮で、ボロタイヤでアベレージ上げなきゃいいタイヤ入れねーぜな風潮を取り入れてるからね。

 

 

こんなもんですよ。

このタイヤの感じだと、35.4そこそこは出たら通常かな~

 

 

 

 

はるくん、、どーお??

 

 

 

 

はる「、、、36.6、、、、、、」

 

 

 

 

 

 

 

、、、、、、、、、

 

 

本気で走ってる!??

(という心の声をグっと飲み込んだ。)

 

 

 

~~~~~~~~~~~~

この日、、、、

 

転倒しなくなったからな~

って、話題になった

 

おれもなんよ~と、、はる。

 

 

 

 

 

この瞬間に、俺の心の消えかけている火に、油を注いだ。

 

 

いや、それはただせめてねーだけだろ。腑抜けてんじゃねーぞ。

ベスト35.5の奴が、36.5って、おまえそれは、、、

レジャーどこの騒ぎじゃね-だろうが!!

 

 

 

い、、、いや、それは言えんよさすがに、、、

俺、今日レジャーだもん。。。。人の事いえんよな、、、)

 

 

やはり、グっと飲み込み、炎上しかけた火の鎮火に成功した。

 

 

~~~~~~~~~~~

 

なので、こう伝えた、、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

れ、レジャー、、、、レジャーだから!!今日は、、、ね!??

 

 

 

 

 

模擬レース。

 

 

スタートがカス過ぎるハル。

お前本気じゃねーだろ!!!

ひるんでんじゃねーよ

 

 

考えれば、わかるやん。

ハルとの模擬レースルールで、

1コーナー、1ヘア、2ヘアでは抜かない縛りルール

バックストレートスタート。

 

だとすれば、

時計台アウトまくりは、当然、必然!

じゃなかったら、そのあとの右右だろ。

 

とりあえず、時計台で突き抜け気味に俺の事ブロックしろよ。笑

そのまま次の右がっつりしめれば、もう手も足も出ないのにな。

 

覇気がまったくない。

 

 

 

さすがに遅すぎたので、絡んで走る予定だか、そのレベルにないと判断。

さよならー。

 

 

39くんがはえーー。

速くて、うらやましくて、ブチっと切れて

レジャーな気分を吹っ飛ばした。

 

離れてしまったが、39くんを追いかける。

こりゃ、追いつかねーや。

 

 

 

35.1

 

 

ボロタイヤで、ここまで出たのは初めて。

 

 

 

 

 

 

KCR「いやー、、、ハル君は、どーだい??」

 

はる「36.4、、、、、」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

KCR「あははーーー!レジャーだから気にすんなよ!!!な!!!

俺35.1まで出たよ!!!テンション上がらなくても出るもんだね!

ボロタイヤでこんなタイムでたの初めてだ!!、、、、、、、、はる、、、、、れ、れじゃ、、、、」

 

と、続けようとした僕の言葉を、さえぎるようにすごむハル、、、、

 

 

 

 

 

はる「あなたね!レジャーレジャー言うても、エキパだからな!!!」

 

 

 

 

、、、、、こわいよぉぉぉぉぉ。怒らないでくれよぉぉぉぉ!!!笑笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後の走行枠前に、ここでタイム36.2と目標設定し、

出なかったら、クズだぞ!!!と伝えた。

(俺もクズだけどね。)

 

 

 

その際に、先ほど鎮火した「転倒しなくなった、その理由」を伝える。

(題名にある、コケずに走ることの危険性だ。)

 

 

はるは、

模擬レースの際、レーステンションになって、気持ちアベレージが上がったと言っていた。

(そんなようなことを言っていた)

 

 

その時点で、練習の質が低すぎて低いことを、自ら告白している。

 

 

練習でどんだけセーブして走ってるのでしょうか?

これくれーでいいやっていう心が、知らぬ間に出てきてしまってるんじゃないの?

 

 

転倒する境界線が、100%だとしよう。

エキスパートの方々のほとんどは、この100%の引き出し方が上手い。

 

でも、今のはるは、80%でしか練習できてないんだと思います。

 

81~100%のコントロールが下手くそすぎて、100%を超えてしまう

危険性がある。

80%であれば確実なため、超えないように心のリミッターがかかってしまっている状態。

 

 

 

80%以内でこけないように走るのと、

100%でこけないように走るのとでは、まるで意味が違う。

 

当然、レーステンションなんかに頼れば、練習と決勝でセット変わってくる上に、

レーステンション発動中の、思考能力レベルは低い。

そんなで、冷静に展開を考えられるのか?ってことを言いたい。

 

ドラゴンボールのセル戦の時、悟空と悟飯は、スーパーサイヤ人の状態で生活していたのを覚えていますか?

スーパーサイヤ人の状態になると、精神のコントロールが難しい状態になるため、、、、

普段の生活から、スーパーサイヤ人の状態で生活しコントーロールできるように訓練していましたよね?

 

それと同じことです。

 

 

ただ、

 

転倒してしまう危険性つまり、怪我やバイクが壊れ、金がかかる。

潜在的に、無意識的に、心のリミッターがかかるし

 

意識しても、そのリミッターを解除するのは本当に難しい。

なかなか打ち破ることのできない殻だと思うんです。

人間の本能的な部分。

 

 

人間とは、そういうもんだと思うんです。

 

 

転倒してはいけないよ

 

でも、くそみたいなタイムで走ってるくらいなら、攻めゴケするくらいに攻めるってのが俺のポリシーでもあった。

 

生きるか、死ぬかだろ。

 

 

 

自分の殻を破れ!!って走っていた。

 

 

 

 

結局、タイム更新できず、転倒することもできず戻ってきた彼は、天を仰いだ。

てめー、俺にすごんだくせに、てめー自身のケツ叩けねーでどうすんだよ。

クソダせー

 

 

 

 

 

 

なんて、当然言えませんよ。

だって、俺も今は叩けないもん、て思いつつ叩けたんだけどね。

 

 

 

 

完全なる安全マージンのもとでコントロール下に置くのか

一線を越えれば転倒するレベルだが、そのギリギリをコントロールするのかでは、

 

技術の向上には、大きく差が出る。

天と地の差なんですよ。

 

それをわかってほしい。

 

そこをコントロールする気迫、覇気

伝わってくるんですよ。

見ててもそれが感じられないんだよ。

 

エキスパート様の練習風景には、そういった、覇気はないよね

 

なんでかというと、先ほどのスーパーサイヤ人の話を思い返してほしい。

ギリギリのコントロールに慣れているから、それが通常なので、覇気が感じられないんですよね。

 

 

ただただ、スムーズでうまいとだけしか感じられないよね。

 

 

 

単独練習で、ギリギリで戦っていれば、それは転倒するよ。

 

下手くそな奴ほど、転倒するよ。

当たり前じゃん。

 

 

下手くそなくせに、転倒しないってことは、もう安全マージンの殻の中から出てこれない病にかかってしまっている。

 

 

そんなの自分は嫌だから、コケるの前提で練習に行っていた。

握りゴケ、あけゴケ、ブレーキはなすの速すぎてこける

 

3回は最低転倒することになるよね。

 

それが、俺の攻めきっている証だった。

 

~~~~~~~~~

 

 

模擬レース2回目には、スタート前はるに、ちゃんとやれよ!って鼓舞した。

 

1回目、何をやってんのってくらい遅すぎたから。

 

でも、そうやって、気合いれりゃ、しっかりできんじゃん。

1コーナーでやられないように、寄せてきたよね。

その後は下手だったけど

 

つまり、やっぱり

 

 

意識がたりねーのよ。

攻めろ!!!誰一人として抜かせん!!

そういう意識が足りねーんだよ!!

 

 

 

転倒しない努力は大切だ。

 

しかし、タイムも出ないくそみたいな自分に、

自分自身で喝をいれ、

タイムを出すか、転倒するかの、

 

 

生きるか死ぬかの瀬戸際で練習しろ!!

 

 

 

 

原点に戻ろうぜ。

 

1日の走行を

1本の走行枠を

1周を

1つのコーナーを

 

 

 

大切に、本気で攻めようぜ。

 

 

 

今の俺が偉そうに言える立場にはないのは良くわかってる

 

マジで、俺はクズよ。

でもそんなクズに負ける君はもっとクズだと自分自身で鼓舞してくれ。

 

来週こそは、俺をぶち抜けるように

一発でも、ぶっ込めるように。

昨日までの君は、Tアタックすら届かない。

 

 

けなしまくっているブログだが、ハルにだけ届けばいい。

 

 

8/29日の茂原練習の、絶望。

 

セットがどうのとかじゃない。

意識の問題。

 

はる自身が、

バイクを速く走らせることに対して、

本気で向き合えていないということを

甘い気持ちで臨んでしまった自分自身を

もっともっと真剣に考えて欲しい。

 

 

レジャー気分だとしても、タイム出せれば、いいんだけど、

納得できないのは、ハル自身だろ?

レースをするって意気込みで、日曜日は茂原に来るんだぞ!!

 

~~~~~~~~~~~~~~

まとめ

 

・100%、限界ギリギリで走る練習を常にしよう。

 

101%になったときに、転倒しないようにコントロールできるようになろう。

以上。

 

 

 

 

 

P.S.

引きこもりな俺を、引っ張り出してくれてありがとう。

来週もよろしく頼む。

 

 

 

れ、レジャーしような、、、笑