茂原と油面について。

茂原と油面について。

オールジャパンが終わり、、、

 

アニキ二人と茂原へ。

お付き合いくださいまして、ありがとうございます。

 

その際に、清水さんのNSF100SPを4周ばかり、お借りしました。

 

 

約20kg差があるライダー様のバイクですが、始めたころより尊敬するアニキのうちの一人、、、

 

そんな方のバイクに乗らせて頂くなんて光栄なのです。

 

で、では、遠慮なく!!

 

 

 

1周目やはり、いつものように乗ると一瞬でサスが入り、まともに乗れない。

ステップも全体的に低く、バンク角がとても浅い。(当社比。笑)

 

 

しかし、さすがEXPライダー様のバイク、、、、

操作まわりが操作しやすい。

 

 

 

 

乗りこなすために、清水アニキの乗り方を思い出す。

 

簡単に言うと、GPライダーみたいな乗り方。

 

身体、ひじは、路面へ向けて、、、

 

つまりカッコイイ乗り方である。

 

 

 

こちらの写真は、筑波最終コーナーであるため、少し、自分のイメージするフォームとは異なりますが、参考までに。

(写真ありがとうございます。)

 

地蔵走り、あるいは、大仏走りといわれる、わたくし“かわいちゃんR”がこのようなフォームで走れるのだろうか?

 

 

 

 

いや、やるしかないもん。サス入ってしまうから。

 

 

以前、自分のバイクでヤスムロ先生と、京葉で練習した時は、フォームを変えると、まったく走れる気がしなかった。

 

 

バイクが言うことをきかないのである。

 

それでは、やってみることとする。

 

 

 

マシンも落ち着き、体を入れるという動作がスムーズにできる。

 

このバイクには、必要な動作だからこそ、ギクシャクせず乗れるのだろう。

 

 

そこで、自分が感じたことは、フォーム改善っていうけども、そのマシンセットに対して意味のあるフォームを自然としているということであり、

 

フォームもサスセットの一部なのだと、再度認識致しました。

 

 

お借りしているバイクなので、もちろん違和感はあるが、そこそこ乗りこなせるなと感じました。

 

オフシーズン、ライバルと交換してバイクに乗ってみるのも勉強になるかもしれませんね。

 

 

 

~~~~~~~~~

 

この、清水アニキのバイク。

前後共に、僕の乗り方をすると当然柔らかすぎたが、

 

とてもバランスがいい。

 

だから、本当に乗りやすいと感じました。

 

 

ここ最近は、いろんな方のバイクに乗らせていただきますが、、、

 

 

バランスが本当に悪いんです。

 

後ろはいい感じなのに、前が動きすぎたり。

前はそこそこいいのに、後ろが入らなすぎたり。

一瞬で、底突きしたり。

 

 

例えば、、、、

フロントがフルストロークすることに対しては、なんの問題もありません。

 

残ストを残す必要もないと思います。

 

 

 

問題なのは、そのフルストローク時にコントロール不能となる状況がNGなのです。

その状況になってしまったら、油面を左右共に5mmほど上げてみてください。

(カヤバ、の外ふた、底面からネジ山1山分くらい。)

 

油面をあげることで、中のエアーの量が少なくなり、

沈み込んだ際、「フォーク内のエアが潰れきるのがはやくなる」

というイメージで、

つまりエアによる、反発力の立ち上がりが早くなるわけです。

 

フロントフォークが、底突きするから、オイルかたくしたとか、イニシャルかけたとか、バネ変えたとか、やめましょう。

 

とりあえず、上から、オイル足すという簡単な作業で改善できますから。

 

油面を変えることで、エアが潰れ始める部分で、きき始めるということは

 

ある程度フォークが沈み込んだところで、変化を感じやすいので、

 

仮に油面を変更した場合、フロントが沈み込む付近を集中して感じとってみてください。

 

 

 

 

そういった部分で、乗り方は違えど、アドバイスすることと、そのバイクの方向性、そのライダー様の悩みを変わりに僕が言葉にすることもあります。

 

そうそう!!そいれそれ!!と共感頂いています。何人も。

 

 

更に、ドロガーデータを参考にすることで、その答えにたどり着くスピードが格段に上がります。

 

だいたい、手押しで、フロントがどうでリアがこうで

 

そんなんバランスなんかわかるはずもない。

僕たち、素人ですからね。

 

 

 

 

今回の堺でもありましたが、フロントが限界だから、、、、

フロントの油面とイニシャルをかけたところ、確かに良くなったのですが、ドロガーのセンサーでに影響が出たのは、リアでした。

 

 

フロントの高さを、イニシャルをかけて高くした分、リアへ荷重がのるようになり、コーナー進入でリアがちゃんとしずめられていた。

ドロガーのグラフでもしっかりと確認できた。

 

青色がリアサスストローク変更前

水色がリアサスストローク変更後

 

 

今回は、フロントをいじって、圧倒的によくなったが、リアを下げたらどうだったのだろうか。と疑問が湧いてくる。

 

その部分のブログを、時間があればブログに書くと思いますが、多分かけないだろうな。笑