しゃあ水口☆プレゼンツ☆モテ北レース!20代ラストレース!

しゃあ水口☆プレゼンツ☆モテ北レース!20代ラストレース!

 

ほんとに、しゃあさんには、お世話になったモテ北レース。

 

ふたりでダブルWINの予定が、、、すみません。

 

 

ゆるふわバイク勢日記

チャンネル登録よろしくお願い致します♪

撮影ありがとうございました。

 

 

 

2019年ぶりのモテ北。

2ストで前日練習のみ。

45.5でした

 

 

 

前日雨により、しゃあ水口☆プレゼンツ☆茂木本コースの解説コーナーでした。

 

 

 

当日、朝フリーはハーフウェット。

 

 

俺達の目標は、完走だからな!と。

 

走行前に、OKDさん新作ステッカー「RT ころぱん!!」をチーム員そっちのけで自分のバイクだけに貼る!!

 

 

 

ハーフウェット朝フリーで、、、

確かにここで転倒するのは嫌だから、48秒ラップ。笑

 

とりあえず、フォークオイルだけ柔いのに変更。

 

 

 

 

俺に残された時間は、予選のみ。

 

 

ファイナルもイナショーセンパイに聞き、いくつか聞いた中から考えて、16-40をチョイス。

 

 

 

ショートよりロングっしょ!!!

何故なら、ショートを選択した時点で、「後★退!」この二文字しかないからだ。

 

 

 

予選での僕の走りを、しゃあさんに聞く

 

 

 

しゃ;曲がり始めるのが遅いよねー!あれ、曲がらないの?おっあ~曲がった~みたいな。

KCR;、、、、あってます!

しゃ;だよねー。

KCR;、、、、、(こ、この人、なんでわかるねん!!)

 

 

って、聞き。

 

 

 

 

とりあえずサスセットをする。

 

 

すると、、、、、

 

 

何故か、車高226になってる。

 

 

なんやねん!だれだ!これやったの!!!

 

 

怪しすぎて怪しい、コロ助さんとヤスムロに連絡。

 

俺車高226って、俺、桶川の時言ってましたか?

と、いたずらしたでしょ?の意味を込めて送信。

二人は、聞いてないという。

 

 

はは~二人して俺はおとしいれようと、、、、、

 

、、、、、、、

 

冷静に分析したコロ助さん。

「関東ロード前日で、リバウンドを変えるためにアイレットを外し、組みなおした時に測定ミスしたんじゃない、、、笑」

 

うん!それだ!それしかない!笑

疑ってなんかないんだからね!!笑

 

 

まぁ、しょうがないから、

さっきの感覚から、224.5にイニシャル2.5へ、、、

 

 

足らないかもな、、、、どうすっか

 

 

あ、こうしよ。

 

3mmかけて、インラップとサイティングで判断しよう。

もしダメならグリッドで抜けばいいかなー

 

 

インラップは先に行かれてしまい、、、追い抜こうと思ったけど、、、、うーん。やめよ。笑

 

なので、サイティングは意地でも前に出る。

 

まぁ、悪くないのでイニシャルそのままで、スタート!

 

 

 

頭文字Dでもとなえられている、ゼロ理論。

 

ヤスムロに教えてもらった、吉田沙保里の理論とも似ているもの。

 

勝つ、スタート成功させる

 

こういった思いこそ、雑念となり、冷静さを欠くものとなる。

つまり不要な感情なのだ。

 

 

 

成功させるために必要なのは、穏やかな心。

 

 

穏やかで純粋な心が必要なのである。

 

 

 

そんなこんなで、ホールショットは俺が頂きー!

 

 

とまぁ、すぐに1ヘアで9さんに撃たれる。

 

いい展開いい展開!!

 

 

わすれるな。気負わない。純粋に気合。気を合わせる。

 

しゃあさーん!気合わせていますよ!!

 

9さんのうしろにピタリとつきながら、後ろを確認。

 

 

3位のライダーはこなそうだ。

 

 

俺と9さんの一騎打ち!

 

あせらず、考えた、自分の得意なところ、差がつまるところ。

 

煮詰めきれなかった、サスセット、、、W字からが悪すぎる。

 

 

最終でも、曲げが決まりきらない。

もう半回転欲しいなイニシャル、、、、

 

リアの高さを稼ぐたため、ステップへ逃がす。

 

 

そして、考える、、、

 

ラスト2周そこそこで撃っとくか、、、

 

でも、ここの「主」相手に先行するのは、、、(ここでひよった、ダサいちゃんRポイント)

 

 

で、確実に自分に分のあるポイントで仕掛けることにする。

 

きたる、最終ラップ。

 

1コーナーで、少し近づき、、、、、

 

すぎてしまったーーーー、ラインを外す、、、、

 

 

 

 

やったわーーーーーー俺、、、、

 

3コーナーを抜け、ブロックライン。

 

 

地元勢のブロックラインを、くずした漢を俺は知っている。

そこに俺も肩を並べたい!

 

 

くずしてみせよう!そのブロックライン、、、、

 

W字であわないサスセットを、全力で荷重をフロントへ持ってき、、、

 

 

9さんは最終までに車速は上がり切らない。

 

サイドバイサイドーーーー

 

W字が上手く決まらない俺は、抜けたらはらんでしまうことで、そこからインには進路変更できない。

 

ブロックラインの更にイン

栃木ならではの、空中に描くラインには飛び込めないと想定し

 

 

 

アウトからまくれば、最終、逆転して、インで、、、勝負は時の運、、、、

 

 

と思いきや、最終進入直前で、外側にマシンを並べにいったが、

外にマシンを振られ、微妙に引いてしまった。

 

 

まくりきる気持ちが足りなかった。

 

 

中途半端なラインになり、2位。。。。。

 

 

 

酒呑みチューブ。

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~

 

ブロックラインがどうの、前日練習がどうの、サスセットが決まってないのがどうのと

はっきり言って、この「勝ち」と「負け」において何も意味をなさない。

 

俺としてもどうでもいい。

 

コース外の優しい9さんには、謝罪を頂きましたが、、、

 

 

ただ単に、

純粋に俺が下手で撃てなくて負けただけです。

 

 

 

 

 

 

9さんの最終は、リアが入りすぎているように見えたし、曲がり切れてない。

少し、僕の方が走る距離が短い。

 

最終が苦しいから、立ちも車速が乗り切らない。

一度、リアを滑らせているのもあったので、ほぼ間違いないと予測していました。

 

(あ、てか、最終って左のヘアピンのこと言ってます。)

 

 

 

狙えるポイントとして、第二候補にしていましたが

 

全て上手く行かず、2位、、、、、

 

 

 

 

一言で言えば、経験が浅い。

 

 

 

でも、それを経験しに、、

レース展開を経験しに、モテ北に挑んだんです。

 

 

結果は、悔しいが、すごくいい経験をさせていただきました。

 

端から見れば、あんなにピッタリつけてて、行かないの?

ダッサ!!

って、、、

おれもそう思う。RFにも言われた。

 

 

しかしね、、、

中身は濃かった。俺としてはね。

 

 

 

 

トップグループでレースをすることが大前提なんだと、自分にプレッシャーをかけ

実際にその位置で、冷静に前車の走りを分析。(したつもり)

 

 

 

いつもなら、追いつけない、、、撃てる距離にいない、、、攻めないと!撃たないと!で転倒

 

そんなこと思ってる時点で勝てないんだということは、去年の桶川で思い知った。

 

 

 

だから、そうならないように、強くなるために、挑戦しに来たわけだ。

 

上手く行かなかったけど、簡単に成功してしまうことのほうが危険でもある。

 

 

 

この悔しさを、肌で感じることが成功へと導くのだと信じて、、、、

 

 

しゃあさんは、しっかり優勝。

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~

 

次は、ホーム茂原!!

 

 

また、違うプレッシャーの中で、戦うことができる。

 

強くなってやる!!

 

 

20代ラストレースは、転倒の美を飾らずに終えることができました。