全国大会

全国大会

毎年、やってくるミニバイクレースの全国大会。

 

開催場所は、西、東と交互にやってきます。

 

今回は、西での開催。

 

そして、コースは近畿スポーツランド。

 

 

僕にとって、全国大会とは、
現時点で、勉強しにいく場所。

 

 

 

 

「いい勉強になりました」

そんな、返答が自分自身でうんざりしている。

 

 

お前にはまだ早いと言われるかもしれないが
勝つか負けるかの戦いがしたい。

 

 

 

2年前の、生駒の全国大会の時。
そして、今回の近スポ。

隣のピットには、、、、

 

生駒の時は、リンダさん。
今回は、ガッキーさん。

 

 

 

二人とも、日本一をとった。

 

その姿を、横で見て

 

 

 

一応同じクラス(俺は、予選落ちレーシング、、)
でエントリーしているのに、

正直な所、応援している自分がいる。

 

 

 

すごく嫌だ。

 

 

 

誤解はしないでください!!

 

 

 

 

1人のライダーとして、
戦えるところに行きたい。

 

 

毎年、B決勝。

 

なんだよそれ。

 

 

 

 

でもね、やっぱり
日本一をとる人は、

今、何をやるべきか
それが明確にわかって
行動している気がする。

 

あせって走りこんでいるようではダメだし、
あせって、セッティングを
がちゃがちゃ試すようではダメだし、

自分のペースが守れているというか。

 

だからイレギュラーが起こっても、
冷静にそれに対応していく。

 

もうすでに、
使う公式がわかっていて、
どれを使えば、
答えが出てくるって言うのが
わかっていて、

しかも、その公式の数が多い

 

っていう印象でした。

 

 

かっこよかったなぁ。

 

DNFなんで、ガッキーさんの
立ちガッツポーズ見れたんですよね。

 

おめでとうございました!!

 

 

 

さて、自分のレースはというと

ギリギリで、予選落ち。

 

 

下から、9台が予選落ち

 

本当に、ぎりぎり9人目。

B決勝です。

 

トップガッキーさんのタイムは、
ぶっちぎりの、41.333

続いて、41.8~という感じです。

 

 

気を落としている所に、

関東勢トップのしょーまが
慰めにやってきてくれた!!

 

桶川の時のしょーま。

 

 

素直に、走り方をアドバイスしてもらった。
ありがとう!しょーま!!

 

 

 

 

 

 

始まったB決勝。

 

 

グリット整列前に、

 

チームへなちょこ」のTシャツを着た方が、
扇風機やら、氷やら、飲み物やら、
持ってきてくださった。

 

R;(んん?人違いではないですか?)

なんて、ヘルメット越しに、
ぽかんとしていた。

 

どうやら、間違ってはいないようだ。

 

確かに冷静に考えれば、
この戦い疲れたウルトラマンスーツを
着ている自分と、他の誰かとを、間違えるのか??

 

という話である。

 

「チームへなちょこの」の皆さん、
ありがとうございました!!

(一緒に写真とればよかたぁ!!)

 

 

そして、
嫌な緊張感と共に、始まるB決勝。

 

シグナル消灯。

 

ポールから、いっきに、

 

 

4位!!笑

 

スタートをミスするのは、得意ですから。

1コーナーを曲がろうとすると、

レイトンブルーなマシンが
俺の視界を横切る、、、

 

 

GLOW UPの藤井さんだ

 

すぐわかる。笑

 

これは、非常にまずい!!

 

トップとはなされるわけには行かない。

 

レイトンブルーマシンを、
即座にかわし、
3台を追う。

 

 

 

ストレートでついた差を、
1コーナーのブレーキで帳消し、

だが、撃てる気はまったくしない。

 

4位、予選落ち、、、、
そんな、緊張感が全身を硬直させる。

 

これは、よくない。

冷静になろう。

 

 

肩の力を抜いて、前のバトルを観戦。

 

 

よし、落ち着いていこう、、、、

 

 

 

っと!

 

小松田さんが、3位におっこってきた、、、、

 

すぐに撃ってしまって、
撃ち合いバトルをしてしまったら、
2位を逃がし、
どちらも、予選落ちか、、、

 

危うい、、、

 

 

少し、様子見、、、、

 

 

 

もう、おれも後が無い。
いくしかねー、、、

 

 

いざバトルスタート。

 

だが、そう簡単には届かない。

 

 

2コーナー、最終の手前の左からの右しか撃てない

 

少しでもストレートを走られると、
やはり、撃てない距離になってしまう。

 

アクセルあけ初めの、トルクの良さが
撃てない距離になってしまう、、、

 

 

ならば、、、

2ストの機動性の良さを活かし、

連続するコーナー区間で撃つしかない。

 

 

2コーナーで仕掛ける

 

 

次の3コーナーは、右コーナー。

クロスをかけられても安心。

よーし!

撃てた!!

ここは、茂原の1ヘア~2ヘアの
少し長いバージョン的な雰囲気。

 

とおもった瞬間。

 

 

Oh!!!

ガッデエェェェーーーム”!!!!

 

 

 

なんと、発射ボタンスイッチON!

 

が、スイッチ接触不良につき、

 

 

 

 

不発!!

 

なんとか、

NSR50に、
かわいちゃんR、

 

らいどおーーん!

 

 

一度失いかけた、この命。

 

もう、なにもこわくはない!!

 

茂原ライダー同士のバトル!!

 

 

なんとか、追いつき、ラストチャンスにかける。

 

もう一度!

 

 

 

クランクを過ぎた所で、
リアタイヤが、スライドし、
失速した瞬間、前に出ることができた。

 

微妙な心境と共にゴール。

 

 

このときの、心情は、
お察しいただければと思います、、、

 

 

 

当日の朝フリー、公式練習では、
さらに、セットの確認。
全力RIDE!

 

・エンジン関連のセット
・足のセット

小さい変更でしたが、変えていた。

 

この瞬間が一番、
自分の身になっていくはずなんだと信じて。

 

 

最後まで、思ったことを挑戦する。

 

 

最終は、アクセル全開で上手く曲がれるようになり、
最高速のアベレージも上がっていた。
94.5~95kmくらいだろうか。

他の方は、100km近く出るらしいですね、、

 

 

安定して、42秒台でラップできた。

 

 

 

 

恥ずかしい話、
前日の満月の夜。

真夜中、加工無しの写真。

 

 

応援してくれる家族に結果報告。

 

叶えたい思いを、
3つ紙に書き出してみてと。

 

もちろん書いた。

 

1つは、かなった。

もうひとつは、叶わなかった。

 

最後の1つは、
バイクに、関係のないこと。

 

 

 

誰がどう考えても、
100%、、、いや200%

無理。不可能。

 

そう判断されても、おかしくないこと。

 

それが、少し可能性ができた。

 

 

最後まで、あきらめないスタイル。

 

 

 

さて、A決勝は、後日の記事で!!