嫌なこともポジティブに、、、、そして腹くくれ。

嫌なこともポジティブに、、、、そして腹くくれ。

 

Youtube;かわいちゃんRチャンネル(←クリック!!)登録よろしくお願いいたします!!


 

 

今勤めている会社には、新卒で入社しました。

 

部署としてはざっくり、、、、

 

 

・溶接

・旋盤、フライス、研磨

・組立、塗装

・エンジンO/H、面研、ボーリング

・バランス(プロペラシャフト延長、クランク芯出し)

・設計

・営業(3グループに分かれている)

・事務

 

 

とまぁ、いろいろあって

 

 

 

絶対嫌なのは、設計。

 

現場がいい!!

 

と、面接の時に

それこそ猛烈に言ったつもりだったんですよ。

 

 

ただ、何故か設計になってしまって。

 

 

毎日無言で、パソコンに向かいCADソフトをいじり

エクセルやワードなんかを使ったり、、、、

 

 

1~2年目は、本当におとなしい性格になったと思います。

 

 

 

更に、、、数年たって、みなさんやりたがらない共済会や社内報委員を任されることに。

 

 

実際、やってみるとなんてことはない。

全然できるし、みんながいうほど大変ではない。

 

仕事できるアピールではないのです、、、、

 

 

 

 

言いたいのは、ただめんどくさい、やりたくない

 

 

腹くくって、やろうとしないだけ。

それだけなんだと思うんですよね。

 

 

 

そんなこんなで、メインの業務も含め、
本当に疲れた時もあったわけなんです。
(外で、ガンガン遊ぶ子がいきなり、引きこもってパソコンをひたすらやる生活ですよ??そんなん蕁麻疹もできるよぉー!!)

 

 

 

そんな中で
・設計というお仕事
・みんながやりたがらない、プラスαな業務(共済会・社内報)

自分なりに腹くくって向き合ったわけなんです。

 

 

 

そのおかげで、、、、

・少しパソコンができるようになったり、、、
・イベントの企画・打ち合わせ・どうしたらもりあげられるかという発想力。
・文章能力の向上
思い返せば、会社で少しづつ身についた能力が、ミニバイクレースで知らぬ間に役立っていた、、、

 

具体的に言えば
・ブログ、youtube
・バリマシ等の記事
・SP祭りの企画
・ブース出展

もちろん、みなさまのご協力があってのことなんですが、
自分自身でも、会社で学んだことを自然に生かすことができたのもあるんじゃないか、、、
と、思うんです。

 

 

 

最初は、嫌だった設計。
でも、設計に入り、毎日パソコンに向かう日々を過ごしてよかったと。
プラスαな業務もまじめにやってみてよかったな、、、

 

 

 

と、今では感謝しかありません。

 

 

 

 

 

更に、設計というお仕事。

実は、今では、営業さんに連れて行っていただき、よくお客様のところへ行くんです。

現場でのスケッチとかね。

 

 

 

いつもついてまわっている営業さんの、お客様に対する営業スタイル。

これは、本当に勉強になった。

 

 

 

この営業さんの、営業努力は、恐らく僕しかしらないことで、他の営業さんにはないところが一杯。

 

他の営業さんだったら、恐らく、利益拡大するどころか、
真っ先にきられている可能性もあったと個人的には思います。。

 

 

 

そんな営業さんと、ご一緒させていただけたのは、、、、、

 

 

 

 

そう!設計だから!!!

 

 

 

いや、もうね、、、、

設計入ってよかったっすわ!!!

 

本当、お客様に対する振る舞いが、
本当に、本当に、勉強になったんですよね。

いろんな方から、いろんなことを勉強させていただけるということが良くわかりました。
もちろん、先輩だけでなく、年下の後輩からからも、教わることは一杯。

何かと、頭ごなしで来る方もいますが、
自分の28年分の経験を、まったく同じ道を通ってきてる人は絶対にいない。
もちろん後輩の数十年の、人生経験もその方のみの経験。
自分の28年の経験でしかモノを言えない小さい人間にはなりたくないですよね。

先輩だろうが後輩だろうが、その数十年の経験、是非自分にも教えていただきたいじゃないですか。
たとえ後輩でも絶対に、自分よりも優れた経験をたくさん経験してきていると思うんですよね。
(逆に、向上心のない歳だけ重ねた方の話は、、、、プラスになるんでしょうか、、、?)
(そんな方は、そういないですが。極論ですね!!)

だから、はなから頭ごなしで来る人は、ものすごくもったいないことしているともうんですよね。

基本的には、一緒に切磋琢磨できたらいいなというスタイルでいたい。

 

そこへ来ると、ミニバイクレーサーは否定的な人があまりいない気がするんです。

”そういう考え方もあるんだね。
でも、おれはこうなんだよなぁ~と。”

(ビックなライダーであればあるほどそのように感じます。)
(絶対にこれはこうだよ!!なんていう方はいないように思います。)

 

話を戻すと、、、、

仕事で得たことを、ミニバイクレースをするにあたって、フル活用フル変換。

 

 

 

だからこそ、今の僕があります。

 

 

 

設計、共済会、社内報。

 

苦手なことが知らぬ間にできるようになって、それが趣味に相当いかされている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何が言いたいのかというと、

自分は、、、
嫌だけど、やるからには腹くくってやってみたんです。

まじめにやってみたら、思わぬ副産物的なものがいっぱいついてきた。
どうせ、やらなきゃいけないなら、どうせやるなら、、、、
「腹くくって、一生懸命やってみたら?」
ってことを、自分自身で感じました。
嫌々やっても、なんのプラスにもならないし、同じ時間を過ごすなら、
自分にプラスになったほうが絶対良いなって思えたんですよね。

 

給料もらいながら、自分の能力UPもできちゃうなんて最高じゃん!!って。

 

 

何事にも、ポジティブに
嫌なことでも腹くくってやっていこうと。

なるべく、このスタイルでやっていこうと思います。

 

 

とまぁ、こんなブログも書かなきゃいけないんですよね。多分。。。。。笑(パート2。)