スローモーションになる、、、あの感覚。

スローモーションになる、、、あの感覚。

 

Youtube;かわいちゃんRチャンネル(←クリック!!)登録よろしくお願いいたします!!

 

合わせて、、、、
皆様お気づきでしょうか?
PC版ですと、一番上のメニューバーのところにある製品紹介という欄。

スマホ版ですと、右側の段落表示みたいになっているところをクリックしていただくとでてきます。


小生意気にも、作ってみました。

このサイトを作る目的の中のひつでもある、、、
お世話になっている方々の宣伝をしたい!!
という思いを、形にしてみました。
ブログでの宣伝ですと、更新するたびに、どこかへいってしまいますから、
すでに、ご存知の方にしか周知できないなと悩んでいました。

イチユーザーとしてのインプレをまじえつつ、少しずつ完成させて行きたいと思います。
取り急ぎ、OK design様の紹介がとりあえず完了致しました。
どうぞご覧くださいませ。

製品紹介;OK designページへGo!!

他にも下書きでまだ、UPできないもの、UPしていても説明や写真に納得のいかないもの
本当にまだまだ、未完成です。
自分の中で、完成の領域に達したものから、ブログの方で紹介しますが、
途中経過でも、是非ご覧頂けたらと思います。

そして、何分センスがない自分ですから、皆様のお気づきの点、遠慮なくお申し出ください。


 

 

サッカーやってたときも、
ミニバイクレースも、
なんでもない日常の一瞬の出来事の時とか、、、、

 

なんか、その瞬間コマ送りというか、スローモーションというか、、、
そういう感覚になることありませんか?

 

たとえば、サッカーでいえば、自分の記憶をたどると、、、、

相手の上手いフェイント。
上手いんだけど、動きとかがすごくスローモーションになって、
その瞬間の勘が的確で、完璧なディフェンスができた場合。

 

バイクで言えば、、、、

ハイサイドする瞬間、滑り出しから、、、、
身体をつかいながら、それでも回避できない場合はクラッチ握るとか、、、、
それも、かなりの精度でできたりすることがあります。
なかなか、そんな感覚が出てくることは無いんだけど、、、、

 

 

つい最近の聞いた??話、、、、、

とある雨の日、首都高の左コーナー。
左には、大型観光バス。
右には中央分離帯。
飛ばしもせず、急なハンドル操作も無かったはずなのに、

 

 

なのに、、、、

 

 

 

大型観光バスの横っ腹と、、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

横っ腹 to ノーズ。

 

原因は、減りすぎたタイヤと空荷だから、、、、?

 

瞬時に、後ろの風景が頭に入ってきて、後ろに車両はいない。
観光バス巻き込むくらいなら、中央分離帯を吹っ飛ばしてやるぜ。
(なんて思ったそうです。)

そう、この瞬間にすでにスローモーションな感覚に入っていたそうで、
絶対的な安心感に包まれたそうなんですよ。

すぐに、ハンドルは切らずに
視線を右に送る、、、(だから結構角度ついていたんじゃ、、、、?)

左足はあぐらをかいて、左腕はコンソールBOXの上。
右手は、4時30分の位置。

特に、車で攻めたりする人ではない。
だけど、路面との接地感を全身で感じ、それに合わせて、勝手に右手がハンドルを左に切って
カウンターをあてていたそう。

もちろん、自分と一緒で、頭文字Dを見ての、イメージトレーニングは昔、散々やってきた。

まさに、藤原拓海が須藤京一にいろは坂で言った

86が通るラインが見えるんです!!

的なノリで、想像ができたそう。

 

もちろん、360°ターンはしていないが、おつりをもらうことなく、何事も無かったように走り去ることができたそう。

 

 

だが、改めて考えるとヒヤヒヤしたと。
その瞬間は、「スローモーションになったわ。」

って言う感覚があったから、絶対イケるわ!
なんて思ったそうだが、
後々、もしその感覚が降りてこなかったら、早朝の首都高での大渋滞及び、車終わってたわ。
と、顔色をかえて、語っていました。

 

誰かの経験談はさておき
この、スローモーションになる感覚、、、、

 

もし、この感覚を自分で出せる。
常時その感覚でいられる。

そんな、ことができれば超人的な能力の持ち主となるのでは??

なんて、思いました。

 

しかし、昨年のミニバイクでのハイサイド率はなかなかのもので、、、、
身体をいれて回避
クラッチを握って回避

これが、圧倒的に上手くなった。
何事も、訓練すればできるようになるのではないかな?と。

 

みなさんも、その「スローモーション」になる感覚ってありませんか??

 

 

 

まぁまぁ、

そんな話も聞いたので、僕も、いろんなやることをほったらかして、
タイヤ交換しましたよ!!!

 

事故には、気をつけましょう。