サスセットをかえるかえないの論争

サスセットをかえるかえないの論争

基本的に、どんどん変えようぜ!!

な、スタイルなかわいちゃんRです。

 

でも変えないことも大切なんです。

 

サスセットを料理に置き換えて説明してみましょう。

 

 

 

 

料理は素人ですが、勝手なイメージで書いていきます。

 

例えば、煮込む時間、水分がとべば味は濃くなりそう。

なので、調味料を追加しなくても、味は濃い方向に持って行ける。

でも、水分がとび、少しとろみが増す。

このとろみがメリットとなれば、調味料を追加せず、水分を飛ばせばいいだろう。(セットは変えず乗り方を変える

しかし、とろみをつけたくないのなら、調味料の量を変更し味を変化させればいい。(乗り方はそのままに、セットを変更

 

材料の切り方で、スープやソースの絡み方が変わり口に運んだ時に感じる味は変わりそうだ。

であれば、調味料を増やさなくとも、切り方を変えて行けば対応可能かもしれない。

 

しかし、食感もしっかりさせたいために、大ぶりに切りたいとすれば、調味料を増やし味にパンチを聞かせなければならない。

 

 

焼肉ではどうか

焼き時間を変えずに焼くとすれば

肉の厚みを変更させるか、火力を変えればいい

 

厚み固定なら、火力と焼き時間で

そんな風に何が最適か研究する必要がある。

 

ある程度同じような感じにはなるかもしれない

しかし、好みやこだわりで、各個人で最適が変わる

 

それを見つけるために、セットを変更する必要もあれば、操作を練習し幅を広げる必要もあるということなんです。

 

 

 

サスセットそんなに変えないよ~~

なんでそんなに変えるの?

 

まぁ

じゃあ、説明しよう

 

15分走行

 

5分間、そのサスセットをいつもの乗り方で乗る

5分、乗り方を変えて探る

5分、対応しきれない箇所を明確にする

 

で、かえってきたらセット変更する。みたいな。

 

大体の人は、セット変更して、乗り方をどうのこうので1日、、、2日、、

 

自分は、セット変更してもわからないので、、、、

やんねーからわかんないのよ!1回2回でやった気になるなよ。笑

量が少なすぎるわ。

 

 

味見テイスティングをするとしてさ

一口大の食べ物を、A,Bと用意する

 

A食べて、B食べて、できるとならまたA、Bと食べたいよね?

 

そもそも、B食べないと、Aとの違いなんてわからないのに、、、、

 

サスセットに関して、サスセットの違いがわからない人に限って

 

Aセット、A、A、またAセット。たまーにB試しても、合わないわ~で、またA

 

A、B、C、Dセットを変えないとそれぞれのメリットデメリットの違いなんて分からんし、好みも見つけられないから。

 

Aしかやってないがために、それが自分の好みになっていまっているパターンも多くある。

 

普段、仕事や自分の得意分野で、どのようにしたら上手く事が進むか考えますよね?

それと、同じように考えればいいだけです。

 

自分がどうやればサスセットの違いが分かるようになるのかを考えよう。

 

サスセットを考えるんじゃない。

違いが分かるようにするにはどうしたらいいかを考える。

そのやり方手段を。

 

いいセットを求めて、良くなりそうな方向だけを考えているでしょう。

 

でも、行き詰ったのなら

 

絶対にダメなセットにしてみて、それのどこがダメなのかを正確に感じ取る訓練をしよう。

 

一回や二回で感じ取るのは不可能

自分が出した答えも、信じてはいけない。

 

でも、訓練しなきゃ先には進めない

 

信じられないくらい時間かかる。

 

でも、速くなるためにやるんだよ。

 

こういう風な考えに至るまでにすごく時間かかって

実際にやるようになってからも時間はすごくかかった

 

 

いいサスセット

自分にあったサスセットってさ

 

いきなり、出来る訳ない

 

最初から高望みしすぎ

 

赤ちゃんが、いきなり歩こうとするくらいに無謀。

 

歩くことを目標にしないで、ハイハイすることを目標にしよう

 

つまり、いいサスセットを出すことを目標とするのではなく、まずは、違いが分かることを目標にしよう

 

みたいなね。そんな感じ。

 

 

それを、決まったサーキットのみでするのではなく、各サーキットで何回もやるんです。

 

茂原、桶川、筑波で違いが分かるようにセットテストするのと

 

そこに、更に、秋ヶ瀬、白糸、堺、近スポ、明智、京葉、茂木、SPN新潟

 

全てでやりまくるのとでは、引き出しの量が違う

 

 

地元スペシャリストは各地方に多く存在する。

でも、全国で通用しないのは、引き出しの量が違うから。

 

走りなれたコースでは、決まった引き出しを出せればいいだけ

 

その引き出ししかもってなければ、他行って通用なんて当然しない

 

本物のエキスパートライダー様は、どこ行っても速い

 

関東でも関西でもどこ走っても速い。

当然地元ではめちゃ速い。

 

今、はまってる人は、その引き出しの量の少なさに気づかず

同じコーナーばかりを走り、今持ってる引き出しすら上手く引き出せないでいる。

 

そこに気づくのにも、すごく時間がかかることだよね。

 

当然、今の俺もそうである。

 

そんな自分をぶっ壊す為の遠征なんだよな。

 

話それましたが、以上です。