思考より反射。しかしその前にコツコツと。

思考より反射。しかしその前にコツコツと。

 

Youtube;かわいちゃんRチャンネル(←クリック!!)登録よろしくお願いいたします!!


 

 

 

ある、登山家の講演を聞く機会があり、とても胸をうたれました。

 

登山をするにあって、必要なもの。

 

 

 

まずは、お金、、、

 

 

 

19歳にして山を登る。

親の援助が必要だったそうだ。

 

 

そこで父親は、

「山登りはお金を集める所からスタートするんだぞ。」

と言ったそう。

 

 

この時点で、自分は相当に、講演に食いついていました。

 

 

若くして、世界の山々を制覇することで、話題になり期待され。

 

登頂できなかったとなれば、「今回の登山は失敗だ!」とたたかれたそうだ。

 

そこに行くまでには、とてもリアルでシビアな世界。

 

 

 

生と死の話がリアル、、、

 

 

エベレスト?かヒマラヤで、300mもあがれば登頂成功というところで、ひどい悪天候に見舞われたと。

 

登山される方には失礼ですが、素人な私が安易に考えると、

 

「え?あと、300mなら勢いで行くでしょ?」

 

なんて、思ってしまいました。

完全に、死んじゃうパターンだそうですね。

 

 

 

もちろん、登頂成功に対しても、

すごいプレッシャーだそうですよ。

スポンサー様や登頂成功を期待しているメディアの方々がいる。

 

 

そう簡単に引き返せるわけではない。

もちろん、趣味でもない。

 

 

 

その300mを、チャレンジするのか?

やめて降りるかのか?

 

 

その決断が、「死」にもなるし、「生」にもなる。

 

 

 

共に、登っていた仲間の1人は残り300mに挑戦。

講演していた方は、降りることを決断。

 

 

残り300mに挑戦した方は、登頂は成功したそうだが、

遭難し、変わりはてた姿で戻って来たそう。

 

 

幸いにも、命を落とすことはなかったが、凍傷で手足は残らないと。

 

 

そこで、考えたそうなんです。

 

 

 

 

 

何が成功なんだと。

 

先ほども言ったように、

 

日本に帰り、

登頂できずに「失敗だ!」と、

そのシビアな現実を知らない人たちに、ピーチクパーチクと騒がれたそうだ。

(まぁ、メディアの方々もそうやって騒ぐことが、ある意味仕事なのだからそれは仕方ないことなのかもしれない。)

 

 

 

結果として、残り300mチャレンジせずに降りたことは、懸命な判断だったといえると思う。

(その後、世界初!最年少!!なんて肩書きをつけて貰えるほどの偉大な人になっているのだから、これは成功でしかない)

 

 

と思いますが、、、、、

 

 

でも、登頂は失敗、、、、

 

 

人生の中で何が成功で失敗なのか、、、、??

 

 

人の「生」と「死」

死ななくとも、その後、不自由な生活を送るのか、、、、

 

 

 

うーん。

 

 

 

 

生と死のはざまで、してもいい無理と、しても大丈夫な無理の範囲があって、

ぎりぎりのところをずっとさぐるそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな流れで、講演時間終了間際、、、、

 

 

講演の時間配分に失敗されたそうで、

何が成功なのかまでたどり着かなかったが

あえて、それが僕の中で更に興味をそそられることとなりました。

 

(これも、考え方を変えれば、時間配分は失敗かもしれないが、興味をそそられる人間が1人増えたのだから成功かもしれない。笑)

 

 

 

この方の本を買って読んでみようと。

この人の中で何が成功なのか、、、、

 

 

とはいえ、締めるのに

さくっと説明していましたが、

 

 

死ぬ時は、「良いこと」「悪いこと」だいたい半分半分。

だけど、50;50ではなく。

なるべく、51;49でいいことが増えるように、、、、

 

1%でも多ければ、それは成功なのでは?

と言っていました。

 

 

ただ、そんなことは、実際死んだ時にしかわからない。

この方も、実際死んだ時にしかわからない。

 

何が成功で失敗なのか、人生をかけて、さがしているのでは、、、、?

と、とりあえず自己解決。

 

 

 

 

自分も時たま、、、、

あの時の経験、失敗があったからこそ、

今の自分や成功がうまれたんだな!!!

 

としみじみ感じることがあります。

 

 

まずは、挑戦、経験、失敗、成功

 

これらを、コツコツと「コツコツ」と(大事なことは2回言う

積み重ねることで、より成功に近付くのでは、、、、、

 

 

そんなことから、毎日少しずつでも、変化をつけて生きて行きたい。

 

だいたいの人が、毎日同じルーティーンの中で、

一歩踏み出す事の息苦しさに負けて、なにかと言い訳をして、

なんだかんだ、同じ毎日をすごして、何十年。

そんな、なりたくないお手本は身近に一杯いる。

 

 

そこで、思う。

身近にいるこんな人みたいにはなりたくないと。

 

思っただけで、動かない人も、

また、たくさんいる。

 

 

そんななかで、ミニバイクライダーの行動力は半端じゃない。

関西から、関東のレースにフル参戦するガッキーさんや

ミニバイクからロードレースに挑戦するM島親分

筋トレ女子なピンキーさん

 

自分を覆う殻を破って、違う世界に飛び込んでいくそのバイタリティ溢れる行動力。(自分を変えようとする、、そのパワー。)

それが、好きすぎて、好きなんですよね。かっこいいんですよね。魅力的なんですよね。

(「楽しそうだからやってみただけなんよね。」なんておっしゃいますが、こちら側から見ていると、ただただかっこいい。)

 

 

 

20前半の子達。

サーキット走りてー!!

 

なんて、思ったら即行動!!

びびるのなんて、後でいい!!

サーキットに限らず、全てにおいて。

 

頭が無い奴は、身体を使えばいいし。

でも気付いて欲しい、いくらバカでも、アホでも、今後何年、生きる?

毎日1mm積み重ねたら、何十年後にはどうなってる?

 

 

 

思考より反射。

(思ったら即行動。)

 

 

だから、自分は女の子へのプレゼントは、絶対的に反射で決めます。

値段なんて見ない。(高くても、安くても)

 

目に飛び込んできた、

「あっ!これ!!」

って、思った次の瞬間

 

「これください。」ってね。

 

 

 

多分、これも思考よりも反射。

 

賛否両論。

いいね!!と言ってくださる方もいれば、転倒するんじゃなく、

負けてもいいから、てゴールしろと。

両者おっしゃってくださることはとてもよく理解できるんです。

 

 

 

 

話を戻すと、、、、

(これは、戻すべき内容ではない。笑)

 

プレゼント選び、やっぱり悩む瞬間があって、

 

ふと、「あ、俺悩んでる」

って思ったら(思えたら)、すぐ退店する。

(でも、結構悩んでいることに気付けないんですよねぇ~)

 

 

 

 

 

僕の欲しい、TC01というホイールに対しても、そう思えたら気は楽なんですがね。笑

実際は、反射的に飛び込んできたから、絶対に買うべきなんだとうすうす思っている。笑

(まぁ、でも、鎌ヶ谷ワイドホイールも非常に悩ましい。。。。)

 

 

偉そうに、、、、

と書いていて自分で思いますが、

日々感じたことを、ミニバイクレースや自分の活動に対して変換。

 

 

まったく違う業界の方でも、結局のところ、

意識だとか、行動力だとか、頭の使い方は似たようなものだと思うんです。

 

 

だいぶ、ナルシストっぽいですが、書かなきゃ行けない訳があるんですね。

こういう記事を。笑

 

 

 

お付き合いくださってありがとうございました。